BLOG

おそうじ・片づけで
今日もときめく1日を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. おそうじワンポイントアドバイス
  4. ウィルスと菌の違い♪ 

ウィルスと菌の違い♪ 

おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。

KMJ認定こんまり®流片づけコンサルタント、
おそうじとお片づけの会社、
「おそうじスイッチ」サブプロデューサー
中鉢佳美です。

在宅時間が長い時間が続いています。

最初は学校が突然お休みになってしまった息子

2人で過ごすのが楽しいのだけれど

 

モノのリセットができにくいし

掃除もやりにくいし

 

その上、一人の時間が欲しかったりして

多分プチストレスを知らず知らずのうちに感じていましたが

 

それも慣れてきて・・・

1人だろうが、2人だろうが、主人がいて3人だろうが

あまり気にならなくなってきたし

やりたいことはやって、頼まれたことはやって、

いい距離になってきました。

 

 

 

さてさて、お昼おコロナさんのことを少し書きましたが、

最近、違和感を感じていること

 

するということば

 

研究していた時期もあるからか

「コロナだから除菌する~」とかいうのをきくと

え~って不思議に思います。

 

みなさんご存知だと思っていましたが

ウィルスと菌は違いますっ!!

 

ウィルスと菌の違いは

大きな違いは3つ。

 

大きさが違う

●細菌は

1~5μm(マイクロメートル、ナノメートルになおすと1000~5000nm)

●ウィルスは

20 ~100nm (ナノメートル)

細菌の方が全然大きい!!

 

ちなみに日本人女性の髪の毛の太さの平均は80μm、

余計わかりにくいでしょうか・・・

 

 

生き物か生き物じゃないか

●細菌は細胞をもった「生物」DNAがある「原核生物」。

自力で細胞分裂して増えていく

●ウィルスは「非生物」で「物質」

「遺伝子がタンパク質に包まれている」のが基本で

自力では増えません

→他の細胞に入り込み増えていく

 

薬があるかないか

●細菌は抗菌薬が効くといわれています。

薬による治療+免疫力

●ウィルスは抗菌薬は効かない

免疫力頼み

風邪、中耳炎、インフルエンザ、はしか、AIDS、肝炎などがあります

 

 

また、感染と予防についてもまとめてみました。

<<感染について>>

■感染経路について

●空気感染

ウィルスは普通のマスクくらいであれば通り抜けますし、

おコロナさんの場合はほとんど空気感染は起こさないとされています。

 

●飛沫感染

咳やくしゃみ、会話による唾液

くしゃみをすると200万個、咳では10万個のウィルスが

1~2m飛ぶといわれています。

なので、マスクで防げます

 

●接触感染

おコロナさんの場合、

金属、ガラス、プラスチックの上で最長3日間生きるといわれています

(米国立衛生研究所データより)。

 

 

<<予防について>>

・手洗い

・うがい

・咳エチケット

・湿度・換気

 ウィルス感染は乾燥が好都合

 ウィルスの排除は換気が有効

・バランスの良い食事、睡眠

 

 

 

 

いずれにせよ感染予防が一番重要。

 

カーテンや窓を開けて

できる範囲でおそうじして

霧吹きで加湿をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

消毒薬についてはもう少し詳しく書く予定です。

 

合わせてこちらの記事もどうぞ
ウイルス感染と住環境について



今日もときめく一日をお過ごしください。